オススメリンク

彼氏とスノボへ行く

スキーツアーは日帰りのものも多いです。
スキーに行って何より注意すべきポイントとしては、雪山でのレジャーになるので天候には気をつけなければいけません。
まずウェアーに関してですが、ウェアーが大きいと吹雪の時には間から風や雪が入ってしまいます。
しっかりとウェアーのサイズは確認しなければいけません。
次に天気が良い時のポイントとして、日焼けに気を配らなければいけません。
冬ですが日焼け止めを塗るなどして日焼けを防止します。
天気が良い時は、日差しが眩しいことで滑り辛くなってしまうので、ゴーゴルやサングランスを活用して日差しを防ぎます。 続きを読む

山の中の雪

上の段で述べたとおり、格安日帰りスキーツアーの市場は飽和状態である。
この市場で生き残っていくには既存顧客を他社より奪う必要がある。
その為には他社にはない付加価値をPRしていく事が重要となるのは言うまでもない。
一昔前にあったバブル期には、誰もがゲレンデへ繰り出した。
もちろんツアーは日帰りも含めて満員御礼だった。
それがバブル崩壊により、庶民の財布の紐は固くなってしまい、旅行なんてもっての他になってしまった。
現在はアベノミクスのおかげか、旅行に行く人も戻ってきた。
実はバブルの時代にゲレンデに繰り出していた若者達は今は子連れとなり、再びゲレンデに戻ってきているのである。 続きを読む

真っ白

スキーツアーと言えば、一昔前だと体力のある学生集団の参加が多かった。
しかし今日りにおいては家族連れの参加が急増していると言う。
それも体力と時間が必要な日帰りでの参加が増加していると言うのだから驚きだ。
話は変わるが、現在の日帰りスキーツアーの相場はどうだろうか。
ある旅行会社のホームページを見てみると、朝出発で3000円台から、前日夜出発だと7000円台からある。
実はこの価格はほぼ利益がでる限界ギリギリの価格であり、旅行会社もかなり無理をしている状態である。
つまりもう飽和状態の市場なのだ。
しかし最近になって他の旅行会社と違う付加価値で既存顧客を取り込み、成長を遂げている旅行会社がある。 続きを読む

看板と雪

このようなツアーの最大の特長としては、比較的低価格で参加することが出来る点になります。
また、平日はなかなか休みを取ることが出来ない社会人の場合、金曜日の夜に出発し土曜の早朝にゲレンデに到着するタイプを選ぶことにより、仕事に支障をきたすことなく、思う存分楽しむことが出来ます。
首都圏近郊にあるゲレンデの場合は、日帰り客向けの施設も充実していることで知られています。
一例としては、一定の料金を支払うことにより、シャワールームや仮眠室などを利用することが出来るサービスになります。 続きを読む

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031